MENU

auひかりのキャンペーン@ヨドバシカメラはどうなの?

 

結論から言うと、ヨドバシカメラより”WEBの代理店”からの申し込みがベストです。

 

その理由を丁寧に解説いたします。

 

※公式キャンペーンはどこで申し込んでも適用されます。
※共通のキャンペーンに”プラスしたキャンペーン内容”です。

 

家電量販店(※ヨドバシカメラ)

 

メリット:対面のため安心

デメリット:キャンペーンがイマイチ

 

 

【ヨドバシから】
ヨドバシクーポン:10,000円

 

 

【プロバイダーから】
戸建:+11,000円。
マンション:+17,000円

 

最大27,000円のオトクです。

 

※店舗や月によって変動はあります

 

 

 

WEB申し込み(※代理店)

 

インターネット限定申し込みのauひかり代理店です。

 

メリット:高額キャッシュバック&オプション不要

デメリット:信頼性がイマイチ

 

 

auひかり

 



 

【キャンペーン】

 

  • 戸建:43000円(※電話ありの場合)
  • マンション:48000円(※電話ありの場合)

 

電話なしコースは-7000円です。
ただ、スマートバリュー適用のためには、”ひかり電話”も必要ですので、auスマホユーザーにはピッタリです。

 

オプション不要&最短翌月末に入金(※開通後)

 

 

>>【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

 

 

 

公式キャンペーンの工事費30か月利用で実質無料や他社回線からの切り替え違約金の負担などは、どこで申し込んでも同じです。

 

 

大手家電量販店のヨドバシカメラの魅力とは?

 

家電は購入するとき、いい商品を少しでも安く購入したい、アフターも充実しているところを選びたいものです。

 

数ある大手家電量販店でおすすめなのが、実店舗とネット通販を選べる豊富な品揃えのヨドバシカメラです。

 

実店舗の魅力は、ネットで店舗の在庫を確認することができるため、探し回らなくていいことです。

 

前もって確認できるので、お店をはしごしなくて済みます。

 

また、もしお店になくても、店頭の商品バーコードからその場でネット注文ができます。価格も大半が店頭と同じ価格で購入できることも嬉しいです。

 

ネット購入は24時間いつでも注文することができます。

 

配送料は1万円以上なら無料、1万円未満の場合は500円と配送料も安く、デジカメプリントは3000円から無料です。

 

ヨドバシカメラのアプリを使っての購入なら配送料は無料になるので、ネット通販なら、アプリから購入することがおすすめです。

 

また、ネットで注文した場合、希望の店舗に届けてもらえます。在庫があるなら即日届けてもらうこともできます。

 

アフターも充実しており、安心して購入できるのも魅力の一つです。修理、保証、返品・交換、買取サービス、資源リサイクルを行っているので、
ネットでも実店舗でも安心して購入できます。

 

 

 

auショップの魅力とは?

 

auショップには、auユーザーにとってとても魅力的な機械が置いてあることを知っていますか?

 

auショップではauのスマートフォン・タブレットなどを購入できることはもちろん、契約プランの変更や相談をすることができます。

 

ですが、ショップでできることはそれだけではありません。携帯電話を買い替えたり相談事がなくても、auユーザーはショップに行くと得をするのです。 

 

auショップには「ウェルカムガチャ」という機械が置いてあります。auユーザーで「auWALLET」というプリペイドカードを持っている人は、このカードを機械にかざしてガチャを回すだけで必ずポイントをもらうことができます。

 

1日1回、月3回までという制限がありますが、1回あたり最低5ポイント、最高で3,000ポイントをもらうことができるという魅力的なサービスです。

 

このポイントはプリペイドカードにチャージして買い物の際現金代わりに使用したり、auの通信料金の支払いに充当したりすることができ大変便利です。

 

このように、既存のauユーザーで特にショップに用事がない、という方でもウェルカムガチャを回しにショップに立ち寄ると大変お得なのです。

 

ガチャを回しつつ最新機種を手に取って見てみるのも、次の機種の検討に役立って楽しいのではないでしょうか。

 

 

ネット回線Q&A

 

ネット回線について

 

auひかりの特徴と魅力

 

ネット社会になって久しく、とにかく快適さや利用の手軽さが求められるようになってきました。

 

auひかりではユーザーのニーズに応えるべく、様々なプランを用意しています。

 

以前は主流であったADSLは、環境に左右されやすく、通信速度の遅さなど、ストレスになりがちでした。

 

しかし、auひかりは、とにかく高速で安定的である事が特徴です。最大1Gbpsで通信出来、動画のストリーミング再生や、大容量コンテンツのダウンロードがスムーズで、ストレスフリーのインターネット環境を実現出来ます。

 

また、auひかりならではのお得な料金プランも魅力の一つです。一戸建で5100円から、集合住宅で3800円からと良心的です。携帯電話と合わせてお得なプランもあり、通信費の節約にも役立ちます。

 

そして、さらに安心のサービスとして、申し込み前に疑問や不安を解消出来る「おまかせアドバイザー」(auひかりホームに限る)や、利用中の問題を解決する為に、24時間365日問い合わせを受け付けてくれる「おうちトラブルサポート」が用意されています。

 

切り替え時の面倒も解消し、スムーズに始められ、初心者でも安心して継続利用できる点は大変魅力的です。

 

初心者ユーザーに優しいauひかりで、快適なインターネット環境を整えられるでしょう。

 

 

auひかりを戸建で工事!具体的に何をするの?

 

戸建の住宅にauひかりを導入する際に、住宅内に光回線が敷かれていない場合は工事が実施されますが、具体的に何をするのかは気になるところです。
auひかりの利用に際しての光回線敷設工事は、まず戸建住宅から最も近い位置にある電柱から光ファイバーケーブルを住宅の外壁面まで引き込み、その後引き留め用の金具を用いて固定しながら引き込み口付近までケーブルを敷設していきます。引き込み口までケーブルが到達したら、建物の中にケーブルを引き込んでいき、最後に引き込み口から近い位置の壁面に設置した光コンセントまでケーブルを引き込んでいきます。あとはコードを用いて光回線終端装置(ONU)と光コンセントを接続し、ONUとパソコンの間、もしくはONUとルーターの間をLANケーブルで繋げば、光回線をつかってインターネットに接続することが可能になります。
電柱から住宅まで引き込まれたケーブルは、引き込み口までの間は壁をつたうように敷設されていきますが、このとき建物の角をケーブルが通る場合は摩擦などによってケーブルが破損してしまわないようにゴムなどを用いて保護します。また、引き込み口は換気口やダクトなどといった既存の設備が用いられますが、適当な引き込み口が無い場合はONUを設置する場所からできるだけ近い壁面に穴を開け、そこからケーブルを通していきます。

 

 

光電話!メリット&デメリットは?

 

ネット回線の光電話は、安定した品質でリーズな価格の通話料が特徴のサービスです。光回線を使ったインターネット契約をしていると、付帯サービスで利用することが出来ます。メリットとしては、通話料が安く全国どこにかけても一律料金ですので遠距離の通話の場合にはメリットが大きい点があります。又、通話が多い方向けのプランを利用すると、無料通話が付与されますので月々の利用料金がお得になります。

 

デメリットとしては、光通信のインターネットは利用料が高めですので、月々の利用料金がかさむ点があります。しかし、ポイント制度を利用することで料金が割引になったり、携帯電話会社やプロバイダーなどとのコラボレーションで割引になるサービスを利用することで、基本料金を安くすることが出来ます。又、光電話のデメリットとしては、かけることが出来ない種類の番号があります。00から始まる番号や伝言ダイヤルなどは使うことが出来ない点は、通常の固定電話と異なる点です。

 

ネット回線の光電話はナンバーディスプレイやキャッチホンなど通常の電話で利用することが出来る機能はほとんど同じように使うことが出来ます。又、付加機能をセットにしてお得な割引が適用になるプランもあります。

 

 

auひかりを解約する場合の注意点を解説します!

 

auひかりを解約する際には、まずプロバイダに連絡しなければならないという点に注意する必要があります。

 

つまり、auショップで契約を結んだ場合でも、auショップで解約をすることはできないということです。そのため、あらかじめプロバイダへの連絡先を確認しておかなくてはなりませんが、これについては、請求書やメールなどに記載されています。

 

次の注意点としては、auひかりの場合、自動更新が切れるとき以外に解約をすると、違約金がかかるということが挙げられます。そのため、解約をするのであれば、更新が切れる時が良いということになります。

 

また、auひかりのプランにはホームタイプとマンションタイプがあり、マンションタイプの場合は原則的に違約金はかかりませんが、プロバイダによっては違約金が発生することもあるため、この点においても注意が必要です。

 

解約が成立すると、プロバイダの指示に従って機器を返却することになります。

 

ここで機器を返却しないと、いつまでも機器代が請求されてしまうだけでなく、さらに違約金がかかる場合があります。

 

また、機材の撤去を依頼すると、工事料金として1万円ほどがかかります。しかし、特に賃貸住宅などの場合は、必ず撤去を依頼しなければなりません。さらに、初期工事費を分割払いにしていると、解約した時点で未払い分を支払わなくてはならないため、あらかじめ契約状況を確認しておくことが推奨されます。